【辞めた方がいい?!】アルクのNAFL日本語教師養成プログラムの口コミと評判

アルク日本語教師口コミ評判

日本語教師を目指して入れば誰もが考えるのが、日本語教師の資格の取り方ではないでしょうか?

 

日本語教師になるための主な方法としては以下の3つがあります。

 

@日本語教育能力検定試験に合格する
 ※合格者は、4年生大学の卒業資格の有無を問われません。

 

A大学や大学院で日本語教育に必要な単位を修得する

 

B文化庁が認定した教育機関の養成講座で420時間以上の研修を受講する
 (かつ、4年制大学の卒業資格が必要)

 

私は@に記載の「日本語教育能力検定試験の合格」といった方法を目指すことに決め、色々な教材を比較検討した結果、高い合格率で評判が良かった

 

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムで無事に合格を果たしました。

 

日本語教師楽しい

 

色々と悩んだのですが、養成講座へ通うと時間もお金もかなり必要になってしまうし、空いている時間を有効活用して資格を取得しようと考えました。

 

日本語教師を目指すなら、私のように
「最短で安価に資格が取れる、能力検定試験の合格を目指したい!」という方も多いはずです。

 

そこで当サイトでは、
私が420時間の養成講座ではなく能力検定試験の合格を目指した理由や、

 

本当に「アルクのNAFLプログラムにして失敗しないか?」についての答えが分かるように、
実際の教材の中身を口コミレビューしたいと思います。

 

先にアルクのNAFL日本語教師養成プログラムの中身を見たい方はこちら。

 

<<合格パック2019の販売は4月30日まで>>

 

 

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは評判が良い?悪い?

アルクの日本語教師の評判

まず知っておきたいのが、一般的な日本語教育能力検定試験の合格率と、アルクの平均合格率の比較です。

 

一般的な日本語教育能力検定試験の合格率は、約20〜30%。

 

そんな難関試験にも関わらず、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムの平均合格率は57.4%。

アルクの日本語教師合格率

圧倒的な数字を誇っているのがNAFL日本語教師養成プログラムです。

 

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績というのも、とてもすごい数字です。

 

アルクの教材にしようかどうかとても迷ったのですが、やっぱり実績の数字が一番参考になると思ったので私はアルクの教材に決めました。

 

ここからは、実際に教材を使った感じた感想をまとめたいと思います。

 

テキストがとにかく分かりやすい!

アルクの日本語教師の口コミ

教材を買う前に、本屋で色々な参考書やテキストを見ていたのですが、
「読んでいても分かりにくい」テキストは頭に入りませんでした。

 

読むだけで疲れてしまうと勉強もかなりストレスになりますし、サクサク進められません。

 

アルクのNAFL講座テキストは、とにかく読みやすくてスラスラ進められるところが良かったです。

 

実際、講義風の話しかけるような文体で書かれていることが「読みやすい!」と好評だということです。

 

テキストとセットになったCDがあるから自分で読まなくても良い

アルク評判口コミ

それでもやっぱり活字が苦手…という方って多いですよね。(私もその1人です…)

 

日本語教師の資格を取りたいのに活字ばかり見ているとめまいがしてくる私でも
CDと連動しているから自分で読み込む必要が無くて、ストレス無くどんどん先に進めることが出来ました。

 

やはり、目だけで覚えるより目と耳からインプットした方が頭に入りますね。

 

教材の進め方手順がとても分かりやすい

アルク評判口コミレビュー

テキストが多いと毎日どれくらいの量をこなせばよいかがわかりにくいですが、
テキストが細かいユニットに分かれていてその目安が簡単にわかります。

 

最初にこの目安で学習目標を立てれば

 

「今日は出来なかったけど明日また挽回しよう」
「先週は全然出来なかったけど、今月後半でここまで進めよう」

 

目標を見失わずに学習が進められました。

 

教材内容が手厚いので目移りせずしっかりと取り組める

アルクの日本語教師養成プログラム豊富なテキスト

(こちらが教材一覧です)

本屋で参考書や問題集を買ったり、ものすごい簡素な教材を購入してしまうと内容に不足点があったりして、
また新たに参考書を買ったりネットで調べたり…

 

それだと時間もお金も本当に勿体ないですよね。

 

あれこれ見移りすると、結局大事なところの勉強が抜けていたり、
後から不安になったり…と良いことが何もありません。

 

アルクの教材は、とにかく必要なものが揃っていて充実していたので、「これさえ頑張れば良いんだ!」と
迷ったりせず信用して勉強を進めていきました。

 

届く際はこんな箱にまとまって届きます。

NAFL箱

 

パッと見テキストが多くて不安になりましたが、文章が語り口調になっているのでとにかく丁寧に書かれているので、あっという間に進みます。

 

1つ1つのテキストも薄いので、思ったより早く進められます。(CDとも組み合わせれば本当にスグという感じでした)

テキストの厚さ

 

「この教材だけを一生懸命進めれば合格できる」という安心感は大切でした。

 

DVD教材がとても参考になるし面白い

アルクの日本語教師DVD

全部のテキストにDVD解説がついていなかったのが残念だったのですが、(CDはついていましたが)

 

1枚だけDVD教材が入っていました。

 

(正直、本当はもっとDVD教材が付いていた方が良いかなとは感じました)

 

このDVDでは、日本語教師の資格取得を目指す学生さんの模擬授業を観ることができ、
その授業の良かった点だけでなく、「もっとこうした方が伝わりやすい」「ここはこうした方が良かった」
ダメ出しもしっかりとしているので面白いですしとても参考になりました。

 

学習した内容をただ頭で覚えているだけでは授業に活かしにくいですが、このDVDを観ればその点が解決するので良かったです。

 

就職サポートが受けられる

 

アルクの日本語教師教材の良いところ

アルクの日本語教師養成講座(NAFL)の受講生特典として、就職サポートセミナーへの参加権利がついてきます。

 

これは日本語教師として就職することを目指すためのセミナーで、求人情報の集め方や、採用試験での面接対策など、アルクの心強いサポートを受けることが出来ます。

 

 

まとめ:アルクのNAFLプログラムは試験合格から就職までの幅広いサポートが評判

日本語教師目指すならアルク

アルクの通信教育講座は、高い合格実績を誇っているだけあってとても充実していて本当に良い教材でした。

 

自分に合った時間や場所で少しずつ勉強していき検定試験の合格を目指すことが出来ました。

 

アルクは語学教育のプロフェッショナルなので、信頼して勉強を進めていけたところも良かったと思います。

 

リーズナブルな価格で最短期間で日本語検定試験の合格を目指したい方にはとてもオススメです。

 

<<合格パック2019の販売は4月30日まで>>

 

しかし、やはり勉強するかしないかはその人次第。

 

実際に教材のボリュームはかなりあります。

 

「どうしても自信が無い」という方は、ヒューマンアカデミーであれば全国約30校で420時間の養成講座が受けられますので、そちらがおすすめです。